家を整えたら見つけた、「本当にしたかった」暮らし

家を整えたら見つけた、「本当にしたかった」暮らし

  • O様邸(東京都江東区)
  • 面積:約80㎡(シアタールーム含まず) 間取り:2LDK+WIC+シアタールーム ご家族:単身

雑多なものがまったく視界に入らない、すっきりとしたLDK。グレーとホワイトでまとめられた空間に映えるネイビーのソファはカウチ付きのゆったりサイズで、ただただくつろぐことだけに専念できそうな、贅沢な空間です。この一戸建てに暮らすのは、30代のOさん。リノベーション前の住まいは現在とは対照的に物が溢れ、まったく落ち着くことができない空間だったそう。

「この家は祖父母が建てた家で、築30年ほど。祖父母が暮らしていた当時のままの状態で住み始めたので、キッチンは狭いし、押入れがいろんなところに分散していて物の片付けも面倒で、生活のしにくさを感じていました。仕事は忙しく、家ではくつろげず、ただ寝に帰るだけ。そんな生活にわびしさを感じて、“リノベーションをしよう!”と思い立ったんです」

Oさんがリノベーションに求めたのは「家をきれいにすること」。古くなった内装や設備機器を新しくすると同時に、整理収納がしやすい家にすることで、「家でくつろぐこと」と「人を招くこと」を叶えたいと考えていました。

1階のLDKは、家具をレイアウトしにくくしていた押入れを撤去して、壁付けのI型だった狭いキッチンをリビングに対面したペニンシュラ型に変更。シンプルなモールドをあしらったパネルと真鍮のツマミを施したキッチンは、アクタスのリノベーションタイプ「SLOW STYLE」のオリジナル。背面にも同じデザインの収納を設え、ゴミ箱も格納して、きれいが維持しやすいキッチンを叶えました。

「オリジナルデザインのキッチンやドアが気に入って『SLOW STYLE』を選びました。キッチンが広くなって、もともと好きだった料理が存分に楽しめるようになりました。それまでは置くところがなくてなかなか買えなかった鍋や食器も、リノベーション後に新しく好きなものを買い揃えました」

キッチンの奥にある洗面室の壁は、大理石風の模様が施されたハニカムタイルというユニークな設え。濃いブラウンの木の面材と組み合わせた硬質なインテリアに、「SLOW STYLE」のオリジナルドアと曲線的なフォルムの洗面器がフェミニンな雰囲気をプラスしています。浴室も新たに造り直し、壁仕上げには天然石のように見えるタイルをセレクトしました。

「洗面室や浴室については特にこだわりはなかったんですが、“仕上げを選べます”と言われたら、“せっかくだし”とこだわりたくなって。アクタスの新宿本店でマーブル模様の大理石タイルを見て気に入って、アクタスがハニカム型を提案してくれたんです。おかげでテンションが上がる場所になりました。遊びに来た友達も“ホテルみたい”と喜んでくれます」

玄関の土間は経年変化したレンガのような風合いのタイル、玄関ホールの床はLDKと同じ「SLOW STYLE」オリジナルのオークフローリングを貼りました。明るくやわらかな色合いの素材を使いつつ、シャープな造形の下足入れや真鍮製の金物をアクセントにして、甘くなりすぎない空間に仕上げています。階段や2階ホールは、アクタスのリノベーションの標準仕様である珪藻土クロスがやわらかく光を拡散する、明るい空間に変わりました。

「壁はすべて断熱材を入れ直してもらいました。居室は窓を二重窓に変えています。長く住む前提だったので、インテリアをきれいに整えるだけでなく、家の性能もしっかり高めるリノベーションをしてもらえたので良かったです」

2階の寝室は薄いグレーの珪藻土クロスを壁に貼り、間接照明も仕込んで、落ち着ける空間に。ベッドは、フレームの素材が気に入ったという、アクタスオリジナルの「FB BED FLAT TYPE(DOUBLE)」をセレクト。アーチ型の開口の先はOさんの念願だったウォークインクローゼットで、3帖ほどの広さがあり、季節布団もここに収納しています。

「以前は収納が分散していたので、どこにどの服があるのか、いつもわからなくなってしまって。今は持っている服を把握しやすいので、似たような服ばかり買ってきてしまうという失敗がなくなりました。リノベーションを機に断捨離もできて、服を選んだり、着替えをするのが楽しくなりました」

そしてOさんの日常にさらに楽しみをプラスしているのが、最上階のシアタールーム。小屋裏収納だった場所を、昇降式はしごを外して階段を新たに造り、柱の位置を変更して、部屋として使える空間にリノベーションしました。アクタスがコーディネートした「OWN-F SINGLE ARM SOFA」と「OWN-F COUCH SOFA」に座り、TV鑑賞を楽しんでいるそうです。

「家具のサイズ選びを間違ったとか、好きな物を集めてもちぐはぐになってしまうといったインテリアの失敗談をよく聞くので、自分で家具をコーディネートすることに不安があったんです。アクタスのリノベーションは、家具のコーディネートまでお願いできるのが魅力でした。きっかけは、Instagramで目に留まったアクタスのリノベーション事例を素敵だと思ったことでしたが、アクタスのリノベーションサイトを見て、“親身になって家づくりに取り組んでくれそう”と感じたことも、アクタスとのリノベーションを決めた大きな理由でした」

リビングのソファは、アクタス新宿本店の展示品を見て気に入ったという「STREAMLINE COUCH SOFA」。将来、ダイニングテーブルを置く可能性にも配慮しつつ、リビングに置ける最大サイズを採用しました。Oさんは、「ソファの上で足を伸ばしてくつろげることや、友達が来た時もみんなが座れるのがうれしい」と話します。リビングテーブルは、天板に天然大理石を使った「GRAMMI」をセレクト。カーテンやブラインドもアクタスのコーディネートで、窓ごとに開閉頻度や外の景色などを考慮してスタイルやファブリックを選びました。

「リノベーションをしたら、生活が変わりました。洗面室でメイクするようになったり、植物を飾るようになったり。それまではしなかったことをするようになったんです。リノベーションの動機は“きれいな家でゆっくりしたい”という思いでしたが、リノベーションをしたことで、“本当はこんな生活がしたかったんだ”という自分の理想のライフスタイルを発見できました。今は、“家であれをしよう”、“こんなものを置いてみよう”と考えるのが、日々の楽しみになっています」

Photograph : Hirotaka Hashimoto

Renovation Type

「SLOW STYLE」

Products

リビングのソファ
STREAMLINE COUCH SOFA
リビングテーブル
GRAMMI
リビングのブラインド
Nanic ナニックシリーズ ウッドブラインド カラー:37 アルジイル(S)
リビングのカーテン
フジエテキスタイル コローレ
リビングのレースカーテン
Knot ヘルシンキ
2階個室のロールスクリーン
TOSO ルノファブ
WICのカーテン
FABIRICA アンブル
ベッド
FB BED FLAT TYPE(DOUBLE)
シアタールームのソファ
OWN-F SINGLE ARM SOFA, OWN-F COUCH SOFA

Floor Plan

Floor Plan

各壁面に窓か押入れがあり、家具を配置しにくい間取りだった1階LDK。リノベーションで押入れをなくしたことで、TVの正面を向いてソファが置ける空間になりました。水回りの位置はそのまま、キッチンの向きや壁の位置、ドアの位置を変更するなど、細かな調整で広い洗面台やキッチンの収納と広さを確保。2階も壁とドアの位置を変更し、引き戸でつながっていた2室の間にWICを造作して、各部屋の独立性を高めました。シアタールームへの階段はわざとぐるりと回って入室する動線として、必要な柱の確保と“隠れ家感”のUPを両立しています。

実例一覧に戻る